北海道のお土産(おみやげ)、いいもの紹介サイト OMYG (OMiYaGe) Hokkaido:お土産


このサイトについて
50音で探す 地域で探す お店で探す 食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他

函館たまふくら枝豆

だるま食品本舗(函館市) 
シンプルだからこそ際立つ素材の旨味。
ほっくり大粒の絶品枝豆


大豆の収穫量が全国一を誇る北海道。とよまさりやスズマル、鶴の子などの様々な品種が栽培されていますが、中でも近年注目を集めているのが、2008年に新品種として登録されたばかりのニューフェイス「たまふくら」です。京都の高級黒豆として知られる「新丹波黒」と大粒の道産大豆「ツルムスメ」を交配させて誕生したもので、黄大豆としては国内最大級の粒の大きさと食味の良さが特徴。収穫までの期間が長い晩生品種であるため、道内でも比較的温暖な道南地方のみで栽培されています。

今回紹介する「たまふくら枝豆」は、そんなたまふくらの美味しさをダイレクトに味わえる一品です。契約農家で栽培された枝豆を、10日ほどしかないと言われる最も美味しい時期に限定して収穫。枝豆は時間とともに鮮度が落ちやすいと言われている作物ですが、同商品は収穫後すぐに窒素ガスによる急速冷凍を施しているため、もぎたてそのままの鮮度が維持されており、旬の味を通年で楽しめるのが魅力です。

食べ方はいたって簡単で、沸騰したお湯で2、3分茹で、茹で上がったところにお好みでさっと塩をひとふりするだけ。もしくは手軽にレンジで温めるだけでもOKです。目にも鮮やかな緑のさやから豆を取り出し、ひとたび口に入れれば、栗にも似たほっくりとした食感と濃い大豆の旨味に、手が止まらなくなってしまうこと間違いありません。さあ、冷たいビールとともに、どうぞ召し上がれ!(poroco)




函館たまふくら枝豆 460リストに戻る

莢つき250g 460円
問い合わせ先
だるま食品本舗
〒041-0824 函館市西桔梗町589番216号 TEL:0138-48-8202 FAX:0138-48-8202

買える場所
どさんこプラザ、ホクレンショップおよび通販で購入可

★≪amazon≫でも購入できます
近くにあるもの
五稜郭まで6キロ
交通アクセス
函館駅から7キロ、車で約15分
本記事の最終更新日:2014年02月13日 友達にメールで知らせる 携帯に情報を送る

食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他 お問い合わせ

Copyright © 2006-2017 「北海道のおみやげ」運営委員会 All Rights Reserved.
本サイト内の文章、写真、グラフィック等の無断使用は固くお断りいたします。