北海道のお土産(おみやげ)、いいもの紹介サイト OMYG (OMiYaGe) Hokkaido:お土産


このサイトについて
50音で探す 地域で探す お店で探す 食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他

十勝わたなべの納豆

渡部食品(音更町) 
十勝産の大豆を使った大粒でふくよかな納豆

 北海道の全面積のおよそ10%を占める十勝平野は、中央に流れる十勝川が大地を潤し、その広大で肥沃な土壌では畑作や酪農が盛んです。大豆やじゃがいもなどの有数な産地でもあり、北海道一の畑作地帯として知られています。中でも十勝産の大豆は、イソフラボンの含有量が高いともいわれ、全国の中でもトップクラスの品質を誇っています。
 
 創業80年の伝統を誇る渡部食品は、親子4代続く自然食品のお店。創業者の渡部養蔵さんが主にこうじを扱う店を帯広で開業したのが始まりで、1938年に2代目のご主人が音更町へと場所を移しました。昔から変わらぬ製法を守り続け、大豆を原料とする味噌、醤油などを機械に頼らず、すべて手作りで製造しています。
 「わたなべの納豆」は3代目のご主人が商品化しました。原料には、十勝平野で育成された地元のブランド「音更大振袖大豆」を使用。味、素材にこだわり、添加物を一切使っていないところにも、“本当においしくて体によいものを食べてもらいたい"という作り手の想いが伝わっきます。さらに、「ひきわり納豆」には繊維質の豊富な押し麦を加えることで、より栄養素の高い納豆に仕上げているそうです。
 
 日本の昔懐かしい風景を思わせるような朱色の包みを開けると、大粒の納豆が顔を出します。何もつけずに納豆だけで食べてみると、粒が大きいのでふくよかな噛み応えがあり、優しく風味豊かな味わいが口の中いっぱいに広がります。少しタレや醤油をたらして、あったかいご飯と一緒に食べるとお米の甘みと絡み合い、納豆本来の旨味と風味がさらに引き立ちます。
 また、こだわりを感じさせるのが包み紙。できるだけ良い状態で保存するために薄皮包みにくるまっており、見た目でもより美味しく感じられるのです。

 地元だけの厳選素材と、市販商品と違う手作り独特のうま味を追求したこの納豆。シンプルだけど、ふっくらとあったかい味がしました。(K)
大粒なので食べごたえがある。




昔懐かしいデザインのパッケージが印象的


十勝わたなべの納豆 157リストに戻る

わたなべの納豆 157円。
問い合わせ先
渡部食品
〒080-0101 音更町大通り7丁目3番地 TEL:0155-42-2908 FAX:0155-42-5588

買える場所
音更町の(福)渡部食品で購入できます。保存料は一切使わず、すべて北海道産の大豆を原料とする味噌、醤油なども購入できます。
この他、帯広市内の藤丸デパートや十勝センターのほか、札幌市の三越札幌店、大丸札幌店でも購入可能です。取扱い商品は店によって異なります。地方発送も行っています。詳細についてはお問い合わせください。
近くにあるもの
「音和の森」まで、車で3分。ここでは、樹齢350年の大木や明治時代の民家などがあり、十勝の大自然と歴史に触れることができます。また、5月上旬には鈴蘭公園で「咲くらまつり」を開催。期間中は、1200平方メートルにおよぶ桜並木が美しくライトアップされ、幻想的な雰囲気の中でお花見を楽しむことができます。
交通アクセス
(福)醸造発酵 渡部食品 営業時間:8:00〜18:00 定休日:日曜 交通案内:札幌市から高速でおよそ2時間20分。道央道音更ICから車で5分。JR帯広駅から車で20分。
本記事の最終更新日:2007年01月18日 友達にメールで知らせる 携帯に情報を送る

食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他 お問い合わせ

Copyright © 2006-2017 「北海道のおみやげ」運営委員会 All Rights Reserved.
本サイト内の文章、写真、グラフィック等の無断使用は固くお断りいたします。