北海道のお土産(おみやげ)、いいもの紹介サイト OMYG (OMiYaGe) Hokkaido:お土産


このサイトについて
50音で探す 地域で探す お店で探す 食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他

十勝の豚丼

豚丼のぶたはげ(帯広市) 
帯広の食文化である豚丼。60年の伝統の旨さを召し上がれ

 帯広は『豚丼』発祥の地。明治16年、帯広を開拓するために静岡から来た依田勉三氏が率いる晩成社が、豚4匹を連れてオベリベリ(当時の下帯広)に入植したのが始まりと言われています。
 当時オベリベリでは、牛は牛乳、馬は馬力、豚は食料と区別されており、牛肉を食べる習慣がなかったため、豚を食べる土地柄になったといいます。
 それから半世紀が過ぎた昭和初期、豚肉だけでなく醤油や砂糖も大変貴重だった時代に、洋食の料理人はうなぎの蒲焼きをイメージし、試行錯誤の末に完成させたのが豚丼です。

 豚丼のぶたはげは、地元では有名な帯広はげ天グループの一つ。帯広はげ天は、豚丼の創世記から作り続ける老舗の郷土料理店で、こだわり抜いた肉の旨さと、それを引き立てる秘伝のタレには定評があります。
 豚丼のタレは素材を吟味し、安全性を重視して原材料を厳選。本醸造醤油を使用するなど、60余年受け継がれた伝統の製法を守り続けています。タレはすべて職人が手作業で作るため、無添加というのも驚きです。
 また、ぶたはげの豚丼には、道東の厳しい気候の中で育った道産豚を使用。一頭からほんの僅かしかとれない部位で、作られています。
 赤身の部分に、牛ステーキのように刺しが入っているのも大きな特長。箸で切れるほど柔らかく、コクのある肉そのものの美味しさに、言葉をなくしてしまいます。

 豚丼のぶたはげでは、お店で味わえるおいしさをご家庭でも味わっていただこうと、店舗で使用しているものと全く同じ肉と秘伝のタレを、そのままパックにして送っているそうです。
 注文はタレだけでも大歓迎という、豚丼のぶたはげのひと味も、ふた味も違うおいしさを、ぜひご家庭で堪能してください。(U)




十勝の豚丼 3150リストに戻る

十勝の豚丼セット4人前 3,150円。6人前で4,725円。たれ(360ml、10人前)は750円。
別途送料が必要です。北海道内・外で送料は異なりますので、詳しくはHPをご覧ください。
問い合わせ先
豚丼のぶたはげ
〒080-0012 帯広市西2条南12丁目 JR帯広駅 エスタ西館 TEL:0155-24-9822 FAX:0155-23-4478

買える場所
JR帯広駅エスタ西館の他、帯広はげ天本店やとかち帯広空港内の売店でも購入できます。インターネットでも購入可能です。
http://butahage.com
「楽天」でも購入できます(PC)
近くにあるもの
十勝川温泉に近く、十勝が丘公園や十勝ネイチャーセンターまで車で30分ほどです。
交通アクセス
●豚丼のぶたはげ 営業時間:10:00〜20:00 定休日:第3水曜 交通案内:JR帯広駅直結。徒歩1分。
本記事の最終更新日:2009年03月07日 友達にメールで知らせる 携帯に情報を送る

ブログを読む

食べるもの 使うもの 飾るもの 買えないもの その他 お問い合わせ

Copyright © 2006-2017 「北海道のおみやげ」運営委員会 All Rights Reserved.
本サイト内の文章、写真、グラフィック等の無断使用は固くお断りいたします。